環境省と国立環境研究所、2020年度の温室効果ガス排出量の速報値を発表

12月10日、環境省と国立環境研究所は、2020年度の国内の温室効果ガス排出量(速報値)を発表した。2020年度の温室効果ガスの総排出量は11億4,900万トン(二酸化炭素換算)で、前年度比5.1%減(2013年度比18.4%減、2005年度比16.8%減)であった。

今回の速報値は国内の温室効果ガス排出量の算定を始めた1990年度以降最小となった。部門別でみると、産業部門が前年度比で8・3%(3200万トン)、運輸部門が同10・2%(2100万トン)減少した。一方で家庭部門のCO2排出量に関しては、前年度から4.9%増となる1億6700万トンとなった。これは新型コロナウイルスのパンデミックによって在宅する人が増加したためと考えられている。

【参照ページ】
2020年度(令和2年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る