ゴールドマン・サックス、炭素集約度の高いセクターにおける融資対象の排出量削減目標を設定

ゴールドマン・サックス、炭素集約度の高いセクターにおける融資対象の排出量削減目標を設定

世界的な投資銀行、証券会社、投資運用会社であるゴールドマン・サックスは、炭素集約度の高い3つの主要セクター(石油・ガス、電力、自動車製造)における金融機関の排出量削減を目標とした、一連の新しいポートフォリオ排出原単位目標を発表した。

この新しい目標は、今年初めにゴールドマン・サックスが発表した2050年のネット・ゼロへの道筋に沿った金融活動実施に関する誓約と、10月に発表したネット・ゼロ・バンキング・アライアンス(NZBA)への参加決定を受けたものだ。NZBAは、ポートフォリオの運用および帰属する排出量を2050年またはそれ以前にネット・ゼロへの道筋に沿って調整することを約束する業界団体。

この新しい中間目標は、ゴールドマン・サックスが2021年に発表した「気候関連財務情報開示に関するタスクフォース」(TCFD)の報告書とともに発表された。

報告書によると、ゴールドマン・サックスは、世界の排出量や自社の事業にとって重要であること、また、顧客との有意義な対話のためのデータが入手可能であることから、石油・ガス、電力、自動車製造の各部門を初期の中間目標に選んだ。これらのセクターの合計は、ゴールドマン・サックスの炭素集約型セクター活動のポートフォリオの38%、ポートフォリオ全体の約9%を占めている。

新たな目標には、石油・ガス部門では17%~22%、電力部門では48%~65%、自動車製造部門では49%~54%の排出量削減目標が含まれている。ゴールドマン・サックスは、各目標の下限値はネット・ゼロ・パスウェイと一致しており、提案された各目標範囲は、世界の平均気温の上昇を2℃よりはるかに低く抑えるというパリ協定の目標と一致しているとしている。ゴールドマン・サックスは、2024年第4四半期までに、NZBAのガイドラインに沿って、残りの炭素集約型セクターの大部分に対する目標を発表すると述べている。

【参照ページ】
(原文)Goldman Sachs Publishes Decarbonization Targets in 2021 TCFD Report
(日本語訳)ゴールドマン・サックス、炭素集約型の主要部門における融資対象の排出量削減目標を設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る