英国FCA、2022年から資産運用会社と上場企業に気候変動に関する情報開示を義務付ける規則を発表

英国FCA、2022年から資産運用会社と上場企業に気候変動に関する情報開示を義務付ける規則を発表

金融サービス企業の行為規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、投資運用会社、年金基金、生命保険会社、上場企業に対し、気候関連財務開示タスクフォース(TCFD)に沿った気候関連情報の提供を開始することを求める一連の最終規則を発表した。大企業については、早ければ2022年1月1日に実施される。

これは、気候関連のリスクと機会に関する質の高い情報を、実体経済の企業から金融サービス会社、顧客や消費者に至るまで、投資の連鎖に沿って確実に提供することを目的とした提案で、FCAが6月に開始したコンサルテーションが終了したことを受けて発表されたものだ。

2020年12月、FCAは、通常最も厳しいコンプライアンス基準に従うことが求められるプレミアム上場企業を対象とした開示ルールを発表し、開示内容がTCFDの提言と整合しているかどうかを記載し、整合していない場合は説明することを年次財務報告書に記載することを求めた。今回の新方針では、この「準拠か説明か」というアプローチを標準的な上場企業にも適用し、2022年初頭以降に始まる期間について、企業が開示を行うためのガイダンスを提供します。この新しい方針には、気候変動対策に関連した情報開示に関するTCFDのガイダンスも組み込まれている。

投資運用会社、年金基金、生命保険会社などの資産運用者および所有者に関する方針では、企業は、顧客や消費者に代わって投資を管理・運用する際に、気候関連事項をどのように考慮しているかを示す企業レベルの情報と、企業の商品やポートフォリオに関する気候関連指標を含む商品レベルの情報を毎年開示することが求められる。この新規則は、大企業に対しては2022年1月1日から、中小企業に対してはその翌年から適用される。

FCFAによると、今回の新施策は、英国政府のグリーンファイナンス戦略の一環として、2025年までに経済全体でTCFDに準拠した報告を義務付けることを想定している。

【参照ページ】
(原文)FCA’s new rules on climate-related disclosures to help investors, clients and consumers
(日本語訳)FCA、2022年から資産運用会社と上場企業に気候変動に関する情報開示を義務付ける規則を発表

[/um_loggedin]


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る