マクドナルド、米国の物流サプライチェーンの電力負荷を100%再生可能エネルギーでカバー

マクドナルド、米国の物流サプライチェーンの電力負荷を100%再生可能エネルギーでカバー

12月15日、マクドナルドと北米物流協議会のメンバーは、レストラン大手の米国物流サプライチェーンの電力負荷の100%を再生可能エネルギーで賄うのに十分な仮想電力購入契約(VPPA)を締結したと発表した。

本契約により、マクドナルドとそのパートナーは、テキサス州にあるエネルのブルー・ジェイ・ソーラー・プロジェクトから合計189MWの再生可能エネルギーと関連する再生可能エネルギー証書(RECs)を得ることができる。

マクドナルドとパートナーは、本契約により年間47万MWh以上の再生可能エネルギーの購入を見込んでおり、これは年間17万トン以上の二酸化炭素排出、または8000万トラックの温室効果ガス排出を回避することに相当する。

今回の合意は、マクドナルドが昨年発表した、2050年までにグローバル事業全体でネット・ゼロエミッションを達成し、サプライチェーンの排出強度を31%削減するという目標を含む、すべてのスコープにおいて2030年の排出削減目標を引き上げるという公約を受けたものである。スコープ3(バリューチェーンからの排出)は、マクドナルドのGHGフットプリントのほぼ99%を占めている。

テキサス州グライムス郡を拠点とするエネルのブルー・ジェイ・ソーラー・プロジェクトは、2700エーカーの敷地に65万8000枚以上のソーラーパネルを設置し、270MWdcの太陽光発電と59MWdcの蓄電システムを組み合わせる。本プロジェクトは、2023年にフル稼働する予定である。

【参照ページ】
(原文)McDonald’s & U.S. Logistics Partners Tackle Supply Chain Emissions in New Enel Solar Energy Deal
(日本語参考訳)マクドナルドと米国のロジスティクス・パートナー、エネル・ソーラー・エネルギーとの新たな取引でサプライチェーンの排出量に対応

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る