M&G、持続可能な食品に特化したインパクト投資ファンドの立ち上げを支援

M&G、持続可能な食品に特化したインパクト投資ファンドの立ち上げを支援、約331億円を出資

12月15日、国際的な貯蓄投資ビジネスであるM&G plcは、最近買収したインパクト投資ビジネスであるresponsAbilityが開始する、世界の食糧問題を対象とした2つの新しい投資戦略に2億ポンド(約331億円)を投資することを発表した。

アジアとラテンアメリカの2つの新しいインパクト投資戦略は、世界の健康的な食料の生産と供給、農村部の生活の改善、農業バリューチェーンにおける気候変動への耐性の確立を目的としている。

2003年に設立されたチューリッヒのresponsAbilityは、新興市場のプライベートデットとプライベートエクイティに投資し、ビジネスモデルが国連の持続可能な開発目標(SDGs)を直接支援する金融包摂、持続可能な食料、気候金融分野の企業に重点を置いている。

M&Gは2022年5月にresponsAbilityの買収を完了し、自社のインパクト投資能力を強化するとともに、国際的なフットプリントとアセットオリジネーション能力を強化することを目的とした取引を行っている。

【参照ページ】
(原文)M&G feeds responsAbility’s impact investment strategies £200 million

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る