EU、セクター別サステナビリティ報告基準の策定を延期

3月29日、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)によると、セクター別の欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の公表が延期されることになった。

本基準は、EUの「企業サステナビリティ報告指令(CSRD)」の下、企業がサステナビリティに関する影響や機会、リスクを報告するための規則と要件を定めている。

CSRDは、2024年初頭より大企業から適用開始される予定で、現在のEUのサステナビリティ報告の枠組みである2014年の非財務報告指令(NFRD)を大幅に更新することを目的としている。新規則では、サステナビリティの開示が求められる企業数が現在の約12,000社から50,000社以上に大幅に拡大され、企業が環境に与える影響、人権や社会基準、サステナビリティに関するリスクについて、より詳細な報告要件が導入される予定である。

EUが過半数を出資する民間団体であるEFRAGは、2020年6月に欧州委員会から、NFRDの改訂の一環として、EUの新しいサステナビリティ報告基準の準備を義務付けられた。2021年5月、EFRAGはCSRDの報告基準の開発を要請され、2022年11月、EFRAGはセクターを問わない基準の草案を提出し、2023年後半には最初のセクター別基準の公表が予定されている。

【参照ページ】
(原文)EUROPEAN COMMISSION CALLS ON EFRAG TO PRIORITISE IMPLEMENTATION SUPPORT FOR THE FIRST SET OF ESRS
(日本語訳)EU、セクター別サステナビリティ報告基準の策定を延期

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る