イギリスの投資会社abrdn、企業のダイバーシティ要件をアップグレード

ビジネス

3月28日、イギリスの投資会社abrdnは、投資先企業に対するダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)要件を更新し、S&P1500およびラッセル3000の企業に、人種的または民族的に多様なメンバーを少なくとも1人配置するという要件を追加したと発表した。同社は、DEIの期待を満たさない企業に対して議決権行使を行う予定だ。

この新しい要件は、abrdnの現在のDEIポリシーに基づいており、大型企業の取締役会には少なくとも25%の女性代表の存在を期待している。abrdnは、この基準を2023年に30%まで引き上げる予定だ。

同社は企業に対して、ダイバーシティデータの開示、ダイバーシティとインクルージョンの戦略と進捗状況の報告を奨励し、ダイバーシティ行動が不十分と考える場合には、反対票を投じると述べている。 実際にabrdnは、2021年にグローバルで165回、DEI関連事項に関して経営者の提案に反対票を投じている。

【参照ページ】
(参考記事)Abrdn upgrades diversity requirements for U.S. company boards
(日本語訳)Abrdn、米国の会社の取締役会の多様性要件をアップグレード

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る