ESMA、EUの炭素市場の透明性向上に向けた勧告を実施

3月28日、EUの市場規制機関である欧州証券市場庁(ESMA)はEUの炭素市場の機能を検証・対処する、排出枠および関連デリバティブの最終報告を発表した。欧州委員会の要請により作成されたこの報告書は、排出枠(EUA)および排出枠デリバティブの取引について詳細に分析し、市場の透明性と監視を改善するための規制当局からの勧告を盛り込んでいる。

欧州排出権取引制度(ETS)は、EUの気候変動対策の主要な政策手段の一つであり、炭素排出量に価格をつけるものである。この制度はキャップ・アンド・トレード方式で、企業が毎年排出できる温室効果ガス(GHG)の量を制限する上限を設定し、毎年一定数の炭素排出枠を発行する。企業は排出量を賄い、キャップを確実に下回るだけの排出枠を保有し、必要に応じて互いに排出枠の取引可能化が義務付けられている。

ESMAの報告書では、EUの炭素市場の機能に関する現在の大きな欠陥は見つからなかったが、規制当局は透明性と監視の向上を目的としたいくつかの勧告を行ったと述べられている。提言には、排出枠のデリバティブ取引を行う取引所へのポジション管理規制の拡大、ポジション報告の適応、排出枠先物のオープンポジションに関する週報の発行、ESMAへのプライマリー市場取引へのアクセス提供などを含んでいる。

また、同報告書は、欧州委員会の検討のために2つの可能な行動方針を検討しているが、この問題についての最終的な見解は示していない。その中には、市場の乱用を防ぎ、秩序ある価格設定と決済を支援するために、炭素デリバティブにポジション制限を導入することや、EUの炭素市場に関するデータが断片的であることから生じる課題に対処するために、EUの炭素市場の集中的な市場監視を設定することが含まれている。

【参照ページ】
(原文)ESMA PUBLISHES ITS FINAL REPORT ON THE EU CARBON MARKET
(日本語訳)ESMA、EU炭素市場に関する最終報告書を発行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る