ESAs、サステナブル・ファイナンス開示規則の適用に関する最新の監督声明を発表

ESAs、持続可能な金融情報開示規則の適用に関する最新の監督声明を発表

3月24日、欧州3監督当局(EBA・EIOPA・ESMA – ESAs)は、サステナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)の適用に関する共同監督声明を発表した。これには、新たなタイムライン、タクソノミ規則第5条および第6条に基づく商品開示の明確な定量化に関する期待、および見積りの利用が含まれる。

本声明は、SFDRの効果的で一貫した適用と各国での監督を促進し、公平な競争の場を作り、投資家の保護を目的としている。

ESAsは、各国の所轄官庁および市場参加者が、2021年3月10日から2023年1月1日までの現在の暫定期間を、規制技術基準(RTS)を含む来るべき欧州委員会委任規則の適用準備に充てる一方、SFDRおよびタクソノミ規制の関連措置を監督声明に示された関連適用日に従って適用することを推奨している。

ESAsは、タクソノミ規則第 5 条及び第 6 条に基づき、中間期の開示に対する監督当局の期待は、金融市場参加者が、金融商品の基礎となる投資がどの程度タクソノミと整合しているかを、割合の数値開示を通じて明示的に定量化することであるとしている。

【参照ページ】
(原文)ESAs issue updated supervisory statement on the application of the Sustainable Finance Disclosure Regulation
(日本語訳)ESAs、持続可能な金融情報開示規則の適用に関する最新の監督声明を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る