クリーン水素のスタートアップSyzygy、約100億円超を調達

クリーン水素のスタートアップSyzygy、約100億円超を調達

11月16日、脱炭素社会を目指すスタートアップ Syzygy Plasmonics は、同社の低炭素水素技術の提供を加速させることを目的として、シリーズ C 資金調達ラウンドで 7,600 万ドル(約107億円)を調達したと発表した。

Syzygyは、電化を通じて化学製造の排出を削減することに注力している。同社のソリューションは、高性能光触媒と、高コストの金属合金の代わりにガラス、アルミニウム、LEDなどの一般的な低コスト材料を使用するリアクターという2つのイノベーションを組み合わせ、化学物質や燃料の製造に化石燃料ベースの熱エネルギーの代わりに光を使用するものである。

水素は、クリーンなエネルギーの未来への移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーソリューションが実用的ではない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要である。しかし、宇宙で最も豊富な元素であるにもかかわらず、地球上には純粋な水素鉱床はなく、他の物質から抽出する必要がある。水素は宇宙で最も豊富な元素であるにもかかわらず、地球上に純粋な水素の鉱床はなく、他の物質から水素を取り出す必要がある。水素は年間約9,000万トン生産されており、主に天然ガスから水蒸気メタン改質により取り出している。

Syzygyによると、今回調達した資金は、化学製造から化石燃料による燃焼を排除し、水素、メタノール、燃料の炭素強度を低減する全電動リアクターシステムのさらなる開発と納入に充てられるという。

本資金調達は、成長株のCarbon Direct Capitalが主導し、他の投資家も数社参加した。そのうちの何社かは、脱炭素化の目標をサポートするためにSyzygyと商業契約を締結している。

【参照ページ】
(参考記事)Syzygy Plasmonics Raises $76 Million Series C Led by Carbon Direct Capital to Accelerate Delivery of Low-Carbon Hydrogen Technology

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る