MSCI、EUの銀行がESGおよび気候変動に関する開示義務を満たすためのソリューションを提供開始

 

11月21日、投資データおよびリサーチプロバイダーであるMSCIは、欧州銀行監督機構(EBA)が今後義務付けるESGおよび気候関連リスクの開示要件を銀行が満たすための新しいソリューションの提供開始を発表した。

EBAは今年初め、ESGリスクに関する「第3の柱」の開示基準を発表し、気候変動がバランスシートのリスクをいかに悪化させるか、そのリスクをいかに軽減しているか、分類学に沿った活動へのエクスポージャーなどの問題を銀行が報告するために必要な技術的詳細を示した。銀行のESG関連リスクと持続可能な金融戦略についてステークホルダーが評価できるようにすることを目的としている。

第3の柱であるESG開示の初期要件は今年発効し、一部の側面に関する報告は2023年に始まり、その他は時間をかけて段階的に実施される予定である。

MSCIによると、本ソリューションは、EBAの技術基準のきめ細かい報告要件をサポートし、銀行がTCFD報告勧告やEUタクソノミの整合性要件を満たすのにも役立つという。

【参照ページ】
MSCI LAUNCHES SOLUTION FOR BANKS TO ALIGN WITH EBA ESG PILLAR 3 DISCLOSURES

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る