MSCI、EUの銀行がESGおよび気候変動に関する開示義務を満たすためのソリューションを提供開始

 

11月21日、投資データおよびリサーチプロバイダーであるMSCIは、欧州銀行監督機構(EBA)が今後義務付けるESGおよび気候関連リスクの開示要件を銀行が満たすための新しいソリューションの提供開始を発表した。

EBAは今年初め、ESGリスクに関する「第3の柱」の開示基準を発表し、気候変動がバランスシートのリスクをいかに悪化させるか、そのリスクをいかに軽減しているか、分類学に沿った活動へのエクスポージャーなどの問題を銀行が報告するために必要な技術的詳細を示した。銀行のESG関連リスクと持続可能な金融戦略についてステークホルダーが評価できるようにすることを目的としている。

第3の柱であるESG開示の初期要件は今年発効し、一部の側面に関する報告は2023年に始まり、その他は時間をかけて段階的に実施される予定である。

MSCIによると、本ソリューションは、EBAの技術基準のきめ細かい報告要件をサポートし、銀行がTCFD報告勧告やEUタクソノミの整合性要件を満たすのにも役立つという。

【参照ページ】
MSCI LAUNCHES SOLUTION FOR BANKS TO ALIGN WITH EBA ESG PILLAR 3 DISCLOSURES

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る