バークレイズ、顧客のネット・ゼロ支援に向けエネルギー移行グループを新設

1月11日、英金融大手バークレイズは、コーポレート&インベストメント・バンク部門内にエネルギー移行グループを新設することを発表した。新グループは、潜在的なエネルギー転換の機会を探る顧客に対し、戦略的アドバイスを提供する役割を担う。  

新チームは、バークレイズのグローバルな天然資源、電力、サステナブル・インベストメント・バンキング、インパクト・インベストメント・バンキングの各チームに所属する業界セクターのスペシャリストで構成される。同チームは、水素、エネルギー転換ファイナンス、炭素回収、再生可能エネルギー、自然エネルギー、再生可能天然ガスなど、エネルギー転換に関する幅広い専門知識を提供する。 

バークレイズは、2050年のネット・ゼロの野望を発表した最初のグローバル・バンクのひとつであり、融資による排出量の削減に取り組んでいる。  同社は、2023年から2030年末までの間に、顧客の長期的なグリーン・ファイナンス、ソーシャル・ファイナンス、トランジション・ファイナンス、そしてより広範なサステナブル・ファイナンスのニーズを網羅し、1兆ドル(約150兆円)のサステナブル・ファイナンスとトランジション・ファイナンスを促進する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Barclays establishes new Energy Transition Group to support clients on the path to net zero
(日本語参考訳)バークレイズ、顧客のネット・ゼロ支援に向けエネルギー移行グループを新設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る