モルガン・スタンレー、新しい気候変動投資プラットフォームにおけるインセンティブ・コンペを排出削減目標に連動

モルガン・スタンレー、新しい気候変動投資プラットフォームにおけるインセンティブ・コンペを排出削減目標に連動

11月21日、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(MSIM)は、2050年までに10億トン(1ギガトン)のCO2排出を削減する気候ソリューション企業への投資を目的とした新しい成長志向のプライベートエクイティ・プラットフォーム「1GT」を立ち上げることを発表した。

同社は、1GTチームのインセンティブ報酬の半分を、同プラットフォームの気候変動に関する目標達成に連動させると発表している。

本戦略の立ち上げにより、具体的で野心的な気候目標を掲げ、その目標に金銭的インセンティブを結び付け、目標に対する透明性のある測定値をリミテッドパートナーに提供するという。

本プラットフォームは、主に北米と欧州の民間企業で、二酸化炭素排出量を大幅に改善できる製品やサービスを提供し、有意義な財務的リターンを得られる企業に投資する。投資分野は、モビリティ、電力、持続可能な食品・農業、循環型経済などを予定している。

MSIMによると、1GTは気候変動投資責任者であるVikram Rajuが率い、気候変動の緩和を目指す企業に2015年以来約6億ドル(約848億円)の資本を投下してきたチームを率いていく予定である。

【参照ページ】
(原文)Morgan Stanley Investment Management Launches 1GT Growth-Oriented Private Equity Platform Focused on Companies Seeking to Mitigate Climate Change
(日本語訳)モルガン・スタンレー、新しい気候変動投資プラットフォームにおけるインセンティブ・コンペを排出削減目標に連動

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る