EQT、企業のサステナブルな変革に焦点を当てた長期保有型インパクト投資ファンドを設立

 

10月20日、世界的な投資機関であるEQTは、市場にインパクトを与える可能性のある企業に投資することを目的とした、長期保有型ファンド「EQTフューチャー」を発表した。

EQTは、アクティブ・オーナーシップ・モデルを適用して「Planet, People, and Prosperity 」の主要目標に焦点を当て、企業の持続可能な変革を加速させることを目指す。EQTフューチャーは、40億ユーロ(約5,300億円)のファンドサイズを目標としている。

EQTのCEO兼マネージング・パートナーであるクリスチャン・シンディングは、次のように述べている。

「EQTフューチャーと、ポジティブ・インパクトをすべての投資に組み込むという当社の全方位的なアプローチを組み合わせることで、私たちは、環境と社会全体の利益のために変革を加速できるビジネスを支援するという、現代の最もエキサイティングな機会と責任を把握するための最高の基盤を手に入れることができました。」

新ファンドは、すべての投資先企業にインパクト・アクセラレーション・プランを導入し、科学的根拠に基づく温室効果ガス(GHG)排出量の削減、従業員の福利厚生の向上、ジェンダー・ダイバーシティの拡大など、資産別およびポートフォリオレベルのKPI達成を目指す。報酬のインセンティブは、各企業の上位20%の収入者の中で50%の割合で目標の達成状況を追跡し、ファンドの総繰越利益の最大20%がKPIの達成と連動する。

【参照ページ】
(原文)EQT launches impact-driven longer-hold fund
(日本語訳)EQT、企業のサステナブルな変革に焦点を当てた長期保有型インパクト投資ファンドを設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る