ClimeworksとGulf Coast Sequestration、100万トンのCO2を除去・貯留するため提携

ClimeworksとGulf Coast Sequestration、100万トンのCO2を除去・貯留するため提携

11月21日、直接空気捕捉(DAC)プロバイダーのClimeworksと、炭素隔離ソリューションプロバイダーのGulf Coast Sequestration(GCS)は、2030年までに年間100万トンの二酸化炭素を大気中から永久に除去するために協力する契約を結んだ。

本パートナーシップにより、GCSはClimeworksに炭素貯蔵DAC技術に適した地質間隙を提供し、ルイジアナ州のGulf Coastに炭素貯蔵ハブを設立する予定である。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出して原料として使用したり、貯留と組み合わせて永久に除去したりするものである。

GCSは当初、ルイジアナ州南西部とテキサス州の間の産業回廊に焦点を当て、メキシコ湾岸で初の運用可能な炭素貯蔵ハブになるよう取り組んでいる。2024年の稼働開始を目指し、ルイジアナ州のハブは、年間最大1000万トンのCO₂を大気から除去することが期待されている。

【参照ページ】
(参考記事)Gulf Coast Sequestration and Climeworks Sign MOU to Develop First Direct Air Capture and Storage Hub on the Gulf Coast in Louisiana

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る