ClimeworksとGulf Coast Sequestration、100万トンのCO2を除去・貯留するため提携

ClimeworksとGulf Coast Sequestration、100万トンのCO2を除去・貯留するため提携

11月21日、直接空気捕捉(DAC)プロバイダーのClimeworksと、炭素隔離ソリューションプロバイダーのGulf Coast Sequestration(GCS)は、2030年までに年間100万トンの二酸化炭素を大気中から永久に除去するために協力する契約を結んだ。

本パートナーシップにより、GCSはClimeworksに炭素貯蔵DAC技術に適した地質間隙を提供し、ルイジアナ州のGulf Coastに炭素貯蔵ハブを設立する予定である。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出して原料として使用したり、貯留と組み合わせて永久に除去したりするものである。

GCSは当初、ルイジアナ州南西部とテキサス州の間の産業回廊に焦点を当て、メキシコ湾岸で初の運用可能な炭素貯蔵ハブになるよう取り組んでいる。2024年の稼働開始を目指し、ルイジアナ州のハブは、年間最大1000万トンのCO₂を大気から除去することが期待されている。

【参照ページ】
(参考記事)Gulf Coast Sequestration and Climeworks Sign MOU to Develop First Direct Air Capture and Storage Hub on the Gulf Coast in Louisiana

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る