Clarity AI、環境に関するファンドの約半数がEU新規制に違反する可能性があると発表

5月23日、サステナビリティ・テクノロジー・プラットフォームのClarity AIは環境に関する用語を名前に含むEUのファンドの約44%が新しいEUのグリーンウォッシング防止規制に違反する可能性があるとのレポートを発表した。この規制は、European Securities and Markets Authority (ESMA)によるもので、特に環境、社会、ガバナンス(ESG)に関連するファンドに対して厳格な基準を設けている。

ESMAの規制では、ファンド名に「環境」や「サステナビリティ」などの用語を含む場合、ファンドはパリ協定に準拠したベンチマーク(PaB)の排除基準に従う必要がある等の条件を満たす必要性があるとされた。

Clarity AIの分析によれば、新規制に準拠するためには、ファンドマネージャーは投資ポートフォリオを再構成し、必要に応じて化石燃料セクター等、特定のセクターや企業を除外する必要がある。新規性により、投資家はより透明性の高い情報を得ることができ、投資の選択肢をより適切に評価することが可能になる。

今後、ESGおよび持続可能な投資に対する規制はさらに厳格化する可能性がある。投資家の関心が高まる中で、資産運用会社は持続可能性に対する真のコミットメントを示すことが求められる。このため、単なるマーケティングとしての環境用語の使用ではなく、実際の投資内容が規制に適合していることが重要だろう。

【参照ページ】
(原文)Nearly half of the funds with environmental terms in their names may breach new EU regulations
(日本語参考訳)名前に環境用語を含むファンドのほぼ半数がEUの新たな規制に違反する可能性がある

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-10

    CDP、開示基準との整合に向け新しい開示プラットフォームを発表

    6月4日、CDPは、企業の持続可能性報告の合理化・簡素化および国際的な開示基準との整合性を目的に、…
  3. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
ページ上部へ戻る