ICVCM、初の高信頼性カーボンクレジットを発表

6月4日、自主カーボンマーケットの信頼性向上を目指すIntegrity Council for the Voluntary Carbon Market(ICVCM)は、高信頼性のカーボンクレジットを初めて発表した。米国政府は、これを気候変動対策の資金調達に役立つものとして評価している。

ICVCMは、7つのカーボンクレジット認定方法を承認し、2千700万トンのカーボンクレジットが「Core Carbon Principles(CCP)」ラベルを使用できるようになった。これらのクレジットは埋立地からのメタンガスの捕獲や、冷蔵庫・エアコンなどの廃棄物からのオゾン層破壊物質の除去などを含む。

その他の27種類のカーボンクレジットも評価中であり、今後、80百万トン以上のクレジットに影響を与える見込みである。

ICVCMの会長、アネット・ナザレ氏は「CCPラベルは厳格な基準を満たすカーボンクレジットを識別するものであり、温暖化を緊急に抑制するために重要である」と述べた。米国政府もこの発表を支持し、財務長官ジャネット・イエレン氏は、ICVCMの努力を評価し、カーボンクレジット市場の基準向上を求めた。

ICVCMは、ボランタリークレジットに対する信頼を構築し、カーボンクレジットの比較可能性を確保し、市場の可能性を最大化するために尽力しているとのこと。CCPラベルは、各クレジットが確実に排出削減または除去を表すことを保証する。

【参照ページ】

(原文) Integrity Council announces first high-integrity CCP-labelled carbon credits, as assessments continue

(日本語参考訳) インテグリティ・カウンシルは、評価が継続する中、CCPラベル付きの高インテグリティ炭素クレジットを初めて発表した。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る