Schneider Electric、気候変動対策を推進する世界初のサプライヤープログラムへの追加参加を発表

8月23日、重電設備世界大手Schneider Electricは、AmgenとBristol Myers Squibbの両社が、製薬会社の再生可能エネルギーへのアクセス向上を目的としたプログラム「Energize」に参加したと発表した。同プログラムはSchneider Electricによって設計・提供され、 経営コンサルティングCarnstoneが運営している。

2021年11月の国連締約国会議(COP26)で開始されたEnergizeプログラムは、現在12社のグローバル製薬・バイオテクノロジー企業が連携しており、数百社のサプライヤーを巻き込んで気候変動対策と医薬品バリューチェーンの脱炭素化を目指している。

同プログラムでは、製薬会社のサプライヤーが再生可能エネルギーの調達を通じて自社の業務上のスコープ2の温室効果ガス排出量を削減することで、参加企業のスコープ3排出量の削減につなげる。また、社内のリソースや専門知識を持たないサプライヤーに、電力購入契約(PPA)やエネルギー属性証明書(EAC)の購入市場に参加する機会を提供する。

【参照ページ】
(原文)Schneider Electric Announces Additional Participation in First-of-its-Kind Supplier Program to Advance Climate Action
(日本語訳)Schneider Electric、気候変動対策を推進する世界初のサプライヤープログラムへの追加参加を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る