Net-Zero Asset Owner Alliance、脱炭素化を促進する投資家のエンゲージメントを提言

投資家をイメージした画像

4月7日、2050 年までに投資ポートフォリオの温室効果ガス(GHG)排出量をネット・ゼロにすることを目指すイニシアティブである「Net-Zero Asset Owner Alliance(AOA)」は、気候変動リスクの軽減を目指す投資家のための、スチュワードシップ・アプローチの概要を示すディスカッションペーパーを発表した。当アプローチは、「1.5℃目標」への移行に関して、投資家がどのように複数のエンゲージメント手段を活用できるかに着目している。

ディスカッションペーパー「The Future of Investor Engagement」は、経済の脱炭素化を促進する主要なエンゲージメントに焦点を当てている。以下がAOAが提言した、エンゲージメントの取り組みを拡大・強化すべき3つの主要分野である。

  • セクター/バリューチェーン・エンゲージメント:投資家が企業とのエンゲージメントから得られる知見を活用し、業界やセクターを超えた解決策を支援し、特に脱炭素化の難しいセクターにおいて、脱炭素化を阻む制度や規制上のハードルの特定を可能にする。
  • 政策エンゲージメント:投資家が他のステークホルダーとともに、政策立案者に対し、脱炭素化を阻む経済的、技術的、規制的なハードルに十分なスピードで対処するよう求める。
  • アセットマネージャー・エンゲージメント:他のすべてのエンゲージメントの流れを補完し、スチュワードシップにおけるアセットマネージャーの活動と、ネット・ゼロへの移行というアセットオーナーの長期的な関心を確実に一致させる。

【参照ページ】
(原文)“CHANGE RULES OF THE GAME,” ASKS $10.4TRN NET-ZERO ASSET OWNER ALLIANCE IN NEW PAPER ON INVESTOR ACTION
(日本語訳)Net-Zero Asset Owner Alliance、脱炭素化を促進する投資家のエンゲージメントを提言

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る