Tesco、従業員の給与・福利厚生・スキルに大幅な投資

4月7日、Tescoは英労働組合USDAWと、大幅な賃金改定、時間外労働へのアクセス拡大、同僚にスキルと柔軟性を与えるためのトレーニングへの投資、従業員割引の拡大について合意した。主に以下のような変更点がある。

賃金
時給制の店舗およびカスタマー・フルフィルメント・センター(CFC)の従業員の時給を5.8%引き上げる。カスタマーデリバリードライバーや、クリック&コレクトデリバリーアシスタントについても賃金を引き上げる。ただし、経済環境の不確実性を考慮し、2023年にUSDAWと再度給与を見直す予定である。

従業員割引の拡大
従業員カードの割引額を500ポンド(約8万円)増やし、すべての従業員の年間割引合計額を1,500ポンド(約25万円)にする。また、従業員の家族にも10%割引を適用する他、給料日の週末には割引率を15%に増やす。

契約時間の延長
新規の従業員募集を行う前に、週16時間未満で働く従業員に必ず空いた枠を提供し、すべての新規契約は週16時間以上を基本とする。

従業員教育への投資
すべての従業員に対して、勤務に必要なスキルを身に着けるための支援をする。また、社員が希望する働き方や柔軟性を実現するため、スケジュールの確認、トレーニングや能力開発へのアクセス、時間外労働の申し込み等ができるオンラインプラットフォームを立ち上げる。

【参照ページ】
(原文)Tesco makes significant investment in colleague pay, benefits and skills
(日本語訳)英小売大手テスコ、従業員の給与・福利厚生・スキルに大幅な投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る