4月14日、サントリーホールディングスは、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラムへの加盟を発表した。

TNFDは、気候関連の財務情報の開示に関するタスクフォース(TCFD)に続く枠組みとして、イギリスの環境NGOグローバルキャノピーにより2021年6月に設立された国際的な組織である。世界の資金の流れを、「ネイチャーポジティブ」に移行させる観点の下、自然関連リスクに関する情報開示フレームワークの構築を目指している。

TNFDフォーラムはTNFDの議論をサポートするステークホルダーの集合体であり、日本企業では現在、キリンホールディングス、丸紅、東京海上ホールディングス等が加盟している。また、経団連自然保護協議会、金融庁、環境省も参画している。

【参照ページ】
(原文)「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラム」に参画

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る