4月14日、サントリーホールディングスは、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラムへの加盟を発表した。

TNFDは、気候関連の財務情報の開示に関するタスクフォース(TCFD)に続く枠組みとして、イギリスの環境NGOグローバルキャノピーにより2021年6月に設立された国際的な組織である。世界の資金の流れを、「ネイチャーポジティブ」に移行させる観点の下、自然関連リスクに関する情報開示フレームワークの構築を目指している。

TNFDフォーラムはTNFDの議論をサポートするステークホルダーの集合体であり、日本企業では現在、キリンホールディングス、丸紅、東京海上ホールディングス等が加盟している。また、経団連自然保護協議会、金融庁、環境省も参画している。

【参照ページ】
(原文)「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラム」に参画

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る