UNEP FI、気候リスク分析ツールの情報を提供するためのリソースを開発

2022年3月、UNEP FI(国連環境計画金融イニシアティブ)は、気候リスクツールやプロバイダーの増加に伴い、一般的に使用されているツールの構造、対象範囲、方法論について、金融機関に情報を提供するためのリソースを開発した。本レポートには、15の金融機関の詳細なケーススタディが含まれている。

具体的には、金融機関が気候リスクツールを使用する際のプロセス、課題、成果に関する洞察を提供している。ツールプロバイダーに対して、サービスが追加コンポーネントから恩恵を受けることができる場所について提案する。また、監督当局や規制当局に対して、現在のツールの適用可能性、起こりうるギャップ、近い将来への道筋を強調した。

本レポートは、2021年に出版された気候関連金融リスク評価手法をマッピングした「The Climate Risk Landscape」を補完するものである。ランドスケープレビューでは、第三者である気候リスク評価プロバイダー各社の主要な開発状況をまとめている。この2つの報告書は、金融機関が様々なツールの理論的・実践的特性を理解するためのリソースを提供する。

【参照ページ】
(原文)THE CLIMATE RISK TOOL LANDSCAPE: 2022 SUPPLEMENT
(日本語訳)気候リスクツールの展望:2022年の補足

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る