SchroderとCarlton Power、グリーン水素の新JVに約344億円を拠出

Schroder、Carlton Powerがグリーン水素の新JVに約344億円を拠出

5月23日、グローバルな投資マネージャーであるSchroderの再生可能インフラ投資部門であるSchroders Greencoatとエネルギーインフラ開発会社のCarlton Powerは、英国におけるグリーン水素プロジェクトの開発を目的とした新しいジョイントベンチャー、Green Hydrogen Energy Company Ltd(GHECO)の設立を発表した。

SchroderとCarlton Powerは、2030年までに500MWに達するプロジェクト・ポートフォリオの構築を目指すとし、両社はSchroders Greencoatが管理するファンドから本パートナーシップに2億ポンド(約344億円)を出資することを発表している。

水素は、よりクリーンなエネルギーの未来への移行における重要な構成要素のひとつと考えられており、特に、金属製造や大型輸送など、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難なセクターにとって重要である。年間約9000万トンの水素が生産されているが、その大部分は化石燃料を使用して抽出されており、汚染物質やGHGの排出を生み出している。再生可能エネルギーで水素を取り出すグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力を開発するには、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要である。

水素製造能力の開発は、昨年発表された英国のエネルギー安全保障戦略の一部を成すもので、2030年までに低水素製造能力を10GWにする計画が含まれている。また、英国は2021年に「水素戦略」を発表し、脱炭素経済の燃料となる主要エネルギー源としての水素の開発・利用促進を目指し、2億4,000万ポンド(約413億円)の「ネット・ゼロ水素ファンド」の設立を計画している。

Carlton Powerは、現在および将来のグリーン水素プロジェクトの開発、建設、運営を担当し、Schroders Greencoatは、プロジェクトの資金調達と英国の再生可能エネルギーに関する専門知識を提供する。

両社は、新JVの最初の3つのプロジェクト(トラフォード、バロー、ランゲッジ)の概要を説明し、2025年に商業運転を開始する予定である。

【参照ページ】
(原文)CARLTON POWER & SCHRODERS GREENCOAT ESTABLISH JOINT VENTURE TO DEVELOP GREEN HYDROGEN PROJECT PORTFOLIO IN UK
(日本語参考訳)カールトン・パワー社とシュローダー・グリーンコート社、英国でグリーン水素プロジェクト・ポートフォリオを開発するジョイントベンチャーを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る