BeZero Carbon、炭素クレジット格付けプラットフォーム拡大のため約70億円超を調達

 

11月14日、ロンドンに拠点を置く炭素クレジット格付けの新興企業である BeZero Carbonは、シリーズ B 資金調達ラウンドで5000万ドル(約70.2億円)を調達したと発表した。本資金は環境市場の透明性を提供する取り組みの拡大を目的としている。

本資金調達は、英国における今年最大の資金調達となり、 BeZero Carbonの過去1年間の調達額は7000万ドル(約98.3兆円)超となる。

本取引は、温室効果ガスの放出を相殺するカーボン・オフセット・プロジェクトおよび関連クレジットに対する需要が、今後数年間で大幅に増加すると予想されることを受けたものだ。企業や事業者がネット・ゼロの野心を打ち出し、自らの絶対的な排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスのためにオフセットに目を向けるケースが増えてきている。

しかし、炭素クレジットの市場は、流動性の欠如、プロジェクトの有効性を評価するためのデータの不足または一貫性の欠如などの問題を抱えている。

2020年に設立されたBeZeroは、炭素市場の格付け機関として、気候科学者、地球観測専門家、データ科学者、金融アナリストのチームに支えられ、炭素格付け、調査、データ製品を提供している。

同社によると、本資金調達は、格付け、リスク、分析ツールの開発を通じて環境市場のイノベーションを推進し、BeZeroが他のエコシステム市場向けのリスクベースの商品づくりに投資できるようにし、ニューヨークとシンガポールにオフィスを開設するために使われる予定である。また、独自の自動化ツールキットの拡大、地球観測能力の深化、人材への投資も目指している。

本資金調達は、米国の投資会社Quantum Energy Partnersが主導し、戦略的投資家のEDFグループ日立ベンチャーズ、Intercontinental Exchange(ICE)のほか、既存投資家のMolten Ventures, Norrsken VC, Illuminate Financial, Qima and Contrarian Venturesが参加している。

【参照ページ】
BeZero Carbon raises $50m to accelerate the Net Zero transition through carbon ratings

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る