DBS、主要な排出集約型セクターのレンディング・ブックに脱炭素化目標を設定

9月12日、シンガポールに本拠を置く金融サービスグループのDBSは、2050年のネット・ゼロ目標に向け、主要な炭素集約型セクターにおける金融・投資活動の排出量削減を目的とした一連の2030年セクター別脱炭素化目標を発表した。

DBSは、2021年10月にネット・ゼロ バンキング アライアンスに参加したことを発表しており、本アライアンスは、2050年またはそれよりも早くネット・ゼロを達成するためのパスウェイに基づき、各銀行のポートフォリオから事業活動と起因する排出を調整することを約束している。同アライアンスの加盟行は、科学的根拠に基づく強固なガイドラインを用いて、2030年またはそれ以前に中間目標を設定することが義務付けられている。

DBSの新たなコミットメントには、電力、石油・ガス、自動車、航空、船舶、鉄鋼、不動産の7分野における脱炭素化目標や、食品・アグリビジネスおよび化学品分野における顧客からの排出量報告情報を受け取るESGデータカバレッジ目標が含まれている。

DBSによると、目標設定のアプローチは、国際エネルギー機関の2050年までのネット・ゼロ エミッション・シナリオ(IEA NZE)など、国際的に認知され、業界で受け入れられているグライドパスをベンチマークとしているという。

【参照ページ】
(参考記事)Singapore bank DBS sets decarbonisation targets for key sectors

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る