DBS、主要な排出集約型セクターのレンディング・ブックに脱炭素化目標を設定

9月12日、シンガポールに本拠を置く金融サービスグループのDBSは、2050年のネット・ゼロ目標に向け、主要な炭素集約型セクターにおける金融・投資活動の排出量削減を目的とした一連の2030年セクター別脱炭素化目標を発表した。

DBSは、2021年10月にネット・ゼロ バンキング アライアンスに参加したことを発表しており、本アライアンスは、2050年またはそれよりも早くネット・ゼロを達成するためのパスウェイに基づき、各銀行のポートフォリオから事業活動と起因する排出を調整することを約束している。同アライアンスの加盟行は、科学的根拠に基づく強固なガイドラインを用いて、2030年またはそれ以前に中間目標を設定することが義務付けられている。

DBSの新たなコミットメントには、電力、石油・ガス、自動車、航空、船舶、鉄鋼、不動産の7分野における脱炭素化目標や、食品・アグリビジネスおよび化学品分野における顧客からの排出量報告情報を受け取るESGデータカバレッジ目標が含まれている。

DBSによると、目標設定のアプローチは、国際エネルギー機関の2050年までのネット・ゼロ エミッション・シナリオ(IEA NZE)など、国際的に認知され、業界で受け入れられているグライドパスをベンチマークとしているという。

【参照ページ】
(参考記事)Singapore bank DBS sets decarbonisation targets for key sectors

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る