世界経済フォーラム、テキサス州に「信頼性技術センター」を設立

世界経済フォーラム、テキサス州に「信頼性技術センター」を設立

1月18日、 世界経済フォーラム(WEF)はテキサス州オースティンでの「信頼性技術センター」の立ち上げを発表した。本センターのミッションは、人工知能や機械学習、ブロックチェーン、仮想現実、量子コンピューティングなどの新興技術の責任ある生産と利用を促進することである。

WEFのマネージングディレクターであり、第四次産業革命センターの責任者であるJeremy Jurgensは、技術が信頼され、責任を持って使用されるようにするために、本センターが重要な役割を果たす可能性を強調した。

本センターは、公共部門と民間部門の関係者をつなぐ17のセンターからなるグローバルネットワークに加わり、リスクを最小限に抑えながら、新しいテクノロジーの利点を最大限に活用することを目的としている。DeloitteとPatrick J. McGovern財団の協力で設立された同センターは、C4IRネットワークと世界の協力者を巻き込み、国内および国際レベルでのプロジェクトや活動を通じて、責任ある、倫理的で安全な技術の普及を目指す。

戦略的優先事項には、倫理的な技術開発と利用を促進するツールやフレームワークの作成が含まれる。同センターは、国連のSDGsを推進するためのテクノロジーを導入する方法を模索する。

また、官民のテクノロジー・リーダーのための知識共有を促進し、信頼できるテクノロジーの重要性に対する認識を高めるための洞察を発表する予定である。さらに、政府、企業、学界、社会のステークホルダーを集め、倫理的で信頼できるテクノロジーのアジェンダを形成する機会も提供する予定である。

【参照ページ】
(原文)World Economic Forum Launches the Centre for Trustworthy Technology
(日本語参考訳)世界経済フォーラム、テキサス州に「信頼性技術センター」を設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る