IRENAと産業界のリーダー、「産業界の脱炭素化のためのアライアンス」を発足

IRENAと産業界のリーダー、「産業界の脱炭素化のためのアライアンス」を発足

9月1日、 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)、共同設立パートナーのSiemens Energy、およびあらゆる産業分野の13社が、産業脱炭素化のためのグローバル・アライアンスを立ち上げた。本アライアンスは、パリ協定の気候目標を達成するために、ネット・ゼロの野心と産業バリューチェーンの脱炭素化を加速させることを目的としている。

本アライアンスは、インドネシアのバリ島で開催されたIRENAのエネルギー転換に関する投資フォーラムにおいて、IRENAのフランチェスコ・ラ・カメラ事務局長とSiemens Energyのカリム・アミン取締役が出席し、バリ宣言を採択することで正式に発足した。共同設立者のSiemens Energyは、アライアンス設立の主要な推進役であり、アライアンスリーダーシップの共同議長を務める予定である。アライアンスの初会合は、エジプト・シャルムエルシェイクで開催されるCOP27で行われる予定である。

本アライアンスに主要産業が参加することで、グリーン産業化のためのビジネスチャンスを得ることができ、産業界の排出量削減のための戦略策定とベストプラクティスの共有における協力の重要性を強調することができる。世界のGDPの約25%は産業部門によって生産されており、産業部門はまたGHG排出量の約28%を排出している。産業界のステークホルダーがクリーンエネルギーへの移行に伴う課題と機会に最適な形で対処するためには、対話と行動に基づくパートナーシップが不可欠である。このような交流と協力を可能にするマルチステークホルダー・プラットフォームは、地球規模の気候変動対策を加速させることができる。

本アライアンスは、各国のネット・ゼロ目標の早期達成、産業界のバリューチェーンの脱炭素化のための行動の促進、自然エネルギーベースのソリューションと産業界によるその採用についての理解増進のために設立された。また、同アライアンスは官民の産業界の利害関係者による対話を強化し、行動を調整する。

IRENAは、世界地熱アライアンス、SIDSライトハウス、行動連合など、同様のマルチステークホルダー・プラットフォームを主催してきた豊富な経験に基づいて、アライアンスの活動を調整し、促進する予定である。また、IRENA は、産業界の脱炭素化を含む最終消費部門の脱炭素化に関連する幅広い政策、規制、技術、金融に関する技術的専門知識と知識を社内で提供している。

【参照ページ】
(原文)IRENA and Industry Leaders Launch the Alliance for Industry Decarbonization
(日本語訳)IRENAと産業界のリーダー、「産業界の脱炭素化のためのアライアンス」を発足

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る