グリーンセメントの新興企業セムビジョンが約16億円を調達

グリーンセメントの新興企業セムビジョンが約16億円を調達

3月21日、セムビジョンは、シード資金調達ラウンドで1,000万ユーロ(約16億円)を調達したと発表した。これは、高性能でCO2排出量が極めて少なく、資源効率の高い100%循環型セメントを提供するための同社の短期的な取り組みを加速させることを目的としている。

建築資材は、世界的な温室効果ガス排出の主な原因となっている。コンクリートの材料であるセメント生産は、世界の二酸化炭素排出量の約8%を占め、材料1000kg生産するごとに900kg以上の二酸化炭素が発生する。

スウェーデンを拠点とするセムビジョンは、ポール・サンドベリ、クレス・コルベリ、マーカス・オルソンによって2020年に設立され、従来のポルトランドセメントに代わる代替セメントを提供している。このセメントは、バージン石灰石の代わりに産業廃棄物からリサイクルされた原料を使用して製造され、グリーン電力を動力源とする窯を利用して、はるかに低い温度で製造され、カーボンフットプリントは95%削減されている。同社によると、このソリューションは、従来のセメント製品に比べ、圧縮強度が早く、建設期間を短縮できるほか、超低熱性、高耐薬品性など、さらなる利点を提供するという。

今回のシード資金調達は、同社が2023年7月に化石燃料を使用しないセメントの大規模パイロット生産を初めて達成し、12月にスウェーデン国営鉱山会社LKAB ABと初のグリーンセメント供給契約を締結したことに続くものだ。

今回のシードラウンドは、スウェーデンを拠点とするVC投資家BackingMindsとインフラに特化したPolar Structureが主導し、カリフォルニアを拠点とするベンチャーファンドZacua Venturesが参加した。

【参考ページ】
(原文)Cemvision raises €10M in landmark climate tech seed round
(日本語参考訳)Cemvision、画期的な気候テック・シード・ラウンドで1000万ユーロを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る