マイクロソフト、The Next 150と炭素除去契約を締結

マイクロソフト、気候ソリューションの新興企業The Next 150と95,000トンのバイオ炭による炭素除去契約を締結

3月21日、マイクロソフトと気候ソリューション・プロバイダーのThe Next 150は、6年間のオフテイク契約を締結し、マイクロソフトがメキシコに新設されるバイオ炭生産施設から発生する9万5000トンの炭素除去クレジットを購入すると発表した。

バイオ炭(生物学的木炭)は、森林残渣、木材、農作物廃棄物などのバイオマスを酸素のない状態で加熱することで生成され、安定した形態の炭素を生成し、土壌に埋めると、土壌肥沃度の向上につながるだけでなく、数世紀にわたる炭素隔離を可能にする。

スイスを拠点とするThe Next 150は、2022年に設立された炭素除去ベンチャーの開発・運営会社で、新興市場における気候ソリューション・プロジェクトに投資し、規模を拡大することを目的としている。

この新しい契約に基づきマイクロソフトに供給されるクレジットは、メキシコのグアナファトにあるネクスト150のジェネラル・バイオチャール・システムズ(GBS)事業部初のバイオ炭工場で生産される。2023年5月に稼働を開始するこのプロジェクトは、トウモロコシ、小麦、ソルガムなどの作物から排出されるアグリ廃棄物を精製するために設計されており、持続可能で再生可能な土壌改良材として、最大23,000人の地元農家にバイオ炭を供給することを目指している。ネクスト150は、2025年までにラテンアメリカでさらに2つのプラントを稼動させることを目指している。

マイクロソフトは、2030年までにカーボン・マイナスを達成し、2050年までに過去の全排出量を削減するというイニシアティブの一環として、ボリビアを拠点とするエクソマッド・グリーン・コンセプシオン・プロジェクトとの中南米をベースとしたバイオ炭プロジェクトにも取り組んでいる。マイクロソフトの炭素除去契約ポートフォリオは、自然をベースとした森林再生やアグロフォレストリー・プロジェクト、直接空気回収(DAC)ソリューション、海洋ベースの炭素除去など、さまざまな技術やソリューションに及んでいる。

【参照ページ】
(原文)The Next 150 inks 6-year agreement with Microsoft for 95,000 high-quality biochar carbon removal credits
(日本語参考訳)The Next 150、マイクロソフトと9万5,000の高品質バイオ炭の炭素除去クレジットについて6年間の契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る