インド、使い捨てプラスチック禁止令を施行

7月1日、インド政府は、プラスチック廃棄物の未管理による汚染に対処するため、皿、コップ、ストローなど一連の使い捨てプラスチック製品の使用禁止を発表した。

政府の推計によると、インドでは年間約350万トンのプラスチック廃棄物が発生しており、一人当たりのプラスチック廃棄物発生量は過去5年間でほぼ倍増している。

本禁止令は、昨年政府が発表した規則に基づいており、直ちに発効し、指定された品目の製造、輸入、在庫、流通、販売、使用を禁止している。政府は、禁止品目の州間移動を阻止するための国境検問所とともに、実施と遵守を確保するための執行チームを設置する意向を表明している。

禁止品目のリストは、プラスチック棒付き耳かき、風船用プラスチック棒、プラスチック旗、キャンディー棒、アイスクリーム棒、装飾用ポリスチレン、プラスチック皿、カップ、グラス、フォーク、スプーン、ナイフ、ストロー、トレイ、菓子箱の周りの包装または梱包フィルム、招待券、タバコの包み、100ミクロン未満のプラスチックまたはPVCバナー、撹拌機など。

さらに、一定の厚み以下のビニール袋も年末に禁止される。

【参照ページ】
(参考記事)Single-Use Plastic Ban In India Explained: What Will Be The Challenges And What Should We Expect?
(日本語訳)インド、使い捨てプラスチック禁止令を施行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る