インド、使い捨てプラスチック禁止令を施行

7月1日、インド政府は、プラスチック廃棄物の未管理による汚染に対処するため、皿、コップ、ストローなど一連の使い捨てプラスチック製品の使用禁止を発表した。

政府の推計によると、インドでは年間約350万トンのプラスチック廃棄物が発生しており、一人当たりのプラスチック廃棄物発生量は過去5年間でほぼ倍増している。

本禁止令は、昨年政府が発表した規則に基づいており、直ちに発効し、指定された品目の製造、輸入、在庫、流通、販売、使用を禁止している。政府は、禁止品目の州間移動を阻止するための国境検問所とともに、実施と遵守を確保するための執行チームを設置する意向を表明している。

禁止品目のリストは、プラスチック棒付き耳かき、風船用プラスチック棒、プラスチック旗、キャンディー棒、アイスクリーム棒、装飾用ポリスチレン、プラスチック皿、カップ、グラス、フォーク、スプーン、ナイフ、ストロー、トレイ、菓子箱の周りの包装または梱包フィルム、招待券、タバコの包み、100ミクロン未満のプラスチックまたはPVCバナー、撹拌機など。

さらに、一定の厚み以下のビニール袋も年末に禁止される。

【参照ページ】
(参考記事)Single-Use Plastic Ban In India Explained: What Will Be The Challenges And What Should We Expect?
(日本語訳)インド、使い捨てプラスチック禁止令を施行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る