Ørsted、英国で過去最大規模の風力発電所を受注

7月7日、エネルギー供給会社であるØrstedは、英国ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)より、世界最大級の洋上風力発電所「Hornsea 3」の差金決済(CfD)契約を受注したことを発表した。

Hornsea 3洋上風力発電所は、ヨークシャー海岸から160kmに位置し、2,852MWの発電能力を持ち、英国の320万世帯に相当する電力をクリーンで再生可能かつ低コストで生産できる可能性を持っている。

本契約では、ØrstedはHornsea 3を、陸上・海上変電所や輸出用ケーブルなどの送電設備も含めて建設することになっている。風力発電所の建設が完了した後、Ørstedは送電資産を新しい所有者に売却する予定だ。風力発電所のCfDは、2027年に予定されている風力発電所の運転開始後、最長で15年間にわたり実施される。

Ørstedによると、Hornsea 3は、英国の洋上風力発電の次の段階を支える、より大きな英国のサプライチェーンの発展において重要な役割を果たすという。さらに、Hornsea 3は、英国エネルギー安全保障戦略の一環として今年初めに発表された、2030年までに50GWの洋上風力を稼働させるという英国政府の野心にも貢献することになる。

2021年6月、Ørstedは2030年までに再生可能エネルギー容量を50GWに拡大する目標を発表し、およそ30GWを洋上風力、1750GWを陸上風力と太陽光発電、250GWをその他の自然エネルギーで賄う見込みである。同社によると、Hornsea 3は、2030年に世界で30GWの洋上風力発電を導入するという野望に貢献することになる。

本プロジェクトが始動すると、Hornsea 1、2、3からなるHornsea区域の総発電容量は5GWを超え、英国の約500万世帯の電力消費量をカバーする世界最大の洋上風力発電区域となる。また、同地区には現在計画中の約260万kWのHornsea 4プロジェクトも含まれる予定である。

【参照ページ】
(原文)Ørsted awarded contract for world’s single biggest offshore wind farm
(日本語訳)Ørsted、英国で過去最大規模の風力発電所を受注

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る