IBM、環境サステナビリティに関する幅広い目標を設定

IBM and the Environment Report

世界的なテクノロジー企業であるIBMは、再生可能エネルギー、水資源の保全、サステナブルなサプライチェーン・ソリューションなどに関する新規および更新された目標を含む、一連の新しい21の環境サステナビリティ目標を発表した。

IBMの2020年版「IBM and the Environment Report」の発表と同時に発表されたこれらの目標は、実際の排出削減に焦点を当てながら、2030年までにGHG排出量をネット・ゼロにするという今年初めからのコミットメントと、2025年までにGHG排出量を65%削減するという暫定目標を補完するものだ。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る