Generate Capital、サステナブルなインフラと気候変動対策の成長に向けて20億ドルを調達

Generate Capital

サステナブルなインフラ企業であるGenerate Capitalは、サステナブルなインフラと気候変動対策への投資を加速・拡大することを目的に、世界有数の機関投資家および長期志向の年金基金から20億ドルの企業資本を調達したことを発表した。

今回の増資は、AustralianSuperや投資会社のQICなどの既存投資家が主導し、新規投資家のHarbert Management Corporation、Aware Super、CBRE Caledon、その他の既存投資家である英国のRailways Pension、スウェーデンのAP2、The Wellcome Trustが参加した。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る