FAIRR、再生農業に関するコミットメントを分析

9月20日、機関投資家の食品・小売関連イニシアティブ「FAIRR」は、世界の食品および小売大手79社による再生農業に関するコミットメントについて、初の分析を実施したと発表した。

同レポートのハイライトは以下の通り。

  • 再生可能農業を機会として公に報告している農業食品企業の64%(32/50)は、その野望を達成するための正式な定量的全社目標を設定していない。
  • 再生可能農業を機会として公に報告している企業のうち、再生可能農業を取り入れるインセンティブを与えるために、サプライチェーン内の農家を支援するための財政的コミットメントを実施している企業はわずか8%(4/50)。
  • 規制リスク: EUと英国における新しい法律と新しいTNFDの枠組みにより、EUに拠点を置く企業は、マーケティングが誤解を招くと判断された場合、収益の最大4%の罰金に直面し、収益、価値、評判がリスクにさらされる。

本調査によると、50社(63%)が気候変動と生物多様性の危機に対する解決策として再生農業の可能性に言及していることがわかった。しかし、この50社のうち、64%(32/50社)は、こうした野望を達成するための正式な定量的全社目標を設定していない。

この50社のうち4社(8%)だけが、再生農業の導入を奨励するため、サプライチェーン内の農家を支援する財政目標を設定している。ネスレ、ペプシコ、JBSは1,000万ドル以上を提供することを目標としており、ソデクソのグッドイーティング・カンパニーは食品予算の15%を再生農業に充てるとしている。特定のプロジェクトに対する少額の寄付は、これらの数字から除外されている。

本調査では、「再生可能農業」の定義が国際的に合意されていないため、企業がそのメリットをどのように説明するかにはかなりのばらつきがあると指摘した。このように明確な定義がないため、再生農業の主張の立証が難しく、今後導入される規制や報告枠組みの変更という点で大きなリスクが生じる。

2026年に施行される予定のEUグリーンクレーム指令は、再生農業のような主張を立証する義務をEU域内で販売する食品企業に課すもので、違反した場合の罰則は年間売上高の最大4%に達する。同様に、英国広告基準局による新しいガイダンス(今年施行)では、環境に関する主張はすべて、完全に検証可能で立証されたものでなければならないと規定されている。

今月初め、再生農業が軽減するために設計された生物多様性リスクの一部(栄養汚染、花粉媒介者の喪失、土壌の健康不良など)が、新たに最終決定された「自然関連金融情報開示タスクフォース(TNFD)」の枠組みにおいて、食品企業が報告すべき主要リスクとして挙げられた。企業は、自然関連のリスクと機会、および自然への影響をどのように管理しているかを立証する必要がある。

【参照ページ】
(原文)The Four Labours of Regenerative Agriculture
(日本語参考訳)再生農業の4つの労働

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る