MUFGと三菱UFJ銀行、MUFGトランジション白書2023を公開

9月22日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とその連結子会社である三菱UFJ銀行は、MUFGトランジション白書2023(白書2.0)を作成し公表した。

MUFGは、自社のパーパスである「世界が進むチカラになる。」のもと、2021年に「MUFGカーボンニュートラル宣言」を発表し、トランジション・ファイナンスのグローバル推進に取り組んでいる。国連環境計画・金融イニシアティブが主導するNet-Zero Banking AllianceやGlasgow Financial Alliance for Net Zeroに参加し、持続可能な産業と技術に関する議論を展開している。

MUFGは、ルールメイキングだけでなく、ファイナンスを通じたトランジションの推進にも注力し、2019年から2022年までの累計で24.6兆円(そのうち環境関連で9.1兆円)のサステナブルファイナンスを組成した。特に再生可能エネルギー市場に積極的に参加し、2010年から2022年までの再生可能エネルギープロジェクトへのファイナンスは約616億米ドル(約9.1兆円)で、これによるCO2削減効果は約257百万トンで、日本の年間排出量の約25%に相当する。また、株式会社Zエナジーを通じて再生可能エネルギーへの投資も行っており、再生可能エネルギーの最大化を目指している。

MUFGトランジション白書2022では、地域特性とエネルギー・産業間の相互連関性に焦点を当てていたが、白書2.0はステークホルダーとの対話と国際情勢を踏まえ、日本のトランジション計画の透明性向上に焦点を当てている。MUFGは、金融機関の役割をイネーブラーと捉え、産業や顧客を理解し、対話(エンゲージメント)することが重要であると考えており、白書2.0を通じて国際的な理解を高め、顧客のトランジションをサポートし続ける意向である。

【参照ページ】
MUFGトランジション白書2023の発行について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る