BNPパリバ、欧州の主要なサステナブル・マネージャーになるための3ヵ年目標を設定

7月12日、BNPパリバ・アセット・マネジメント(BNPP AM)は、2025年までの戦略的目標を発表した。本目標は、主にサステナブル投資の能力と提供サービスの拡大に焦点を当て、「欧州で参照されるサステナブル資産運用会社」を目指す。

BNPP AMは、銀行グループのBNPパリバの投資部門であり、5,000億ユーロ(約70兆円)を超える運用資産を有する欧州トップ10の資産運用会社だ。同社の新たな戦略的野望は、より統合的で合理的なグローバル運用モデルへ向けた5年間のリポジショニングの完了と、2019年のグローバル・サステナビリティ戦略の立ち上げに続くもので、投資プロセスへのESG要素の統合とESG課題への関与とスチュワードシップ・アプローチの強化が盛り込まれている。

BNPP AMの2025年の目標には、運用資産のネット・ゼロへの道筋を定めること、オープンエンドファンドの90%がSFDR第8条(環境または社会的特性を促進する商品)または第9条(持続可能な投資目的を持つ商品)に分類されること(2021年末の81%)、成長率で他社を上回ることも含まれている。

BNPP AMは、ESG ETFを含むテーマ別の投資範囲の拡大、サステナビリティに関する企業文化のさらなる構築、人工知能、データ、自然言語処理、アルゴリズムによるポートフォリオ最適化を含む投資プラットフォームの分野の強化、高信頼アクティブ戦略、プライベート資産、マルチアセット投資、新興市場、流動性ソリューションなどのコア投資能力の継続構築など、新目標の追求のための主要アクションをいくつか概説している。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management outlines strategic ambitions for next three years
(日本語訳)BNPパリバ、欧州の主要なサステナブル・マネージャーになるための3ヵ年目標を設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る