Shell、森林保全のための炭素クレジットプロジェクト開発会社Carbonextに50億円を投資

7月11日、Shell Brazilは、アマゾンの森林保護・再植林・バイオエコノミー開発を支援するため、森林保護炭素クレジットプロジェクト開発会社であるCarbonextに2億レアル(約50億円)の出資を発表した。

本出資により、Shell BrazilはCarbonextの少数株主となり、同国における自然共生型ソリューション事業への参入を果たす。

Carbonextは、ブラジルで最大のREDD+(森林減少・劣化からの排出削減)プロジェクト開発会社であり、約200万ヘクタールのアマゾン熱帯雨林を保全している。本取り組みによって得られた炭素クレジットは、顧客に販売される。Carbonextは、2021年以降、アマゾン森林の最も脆弱な部分の保全植生面積を340%増加させている。

今回の投資で得た資金は、Carbonextがアマゾンの森林におけるバイオエコノミーや森林再生などの新規事業分野を開拓し、森林保全製品に組み込まれる技術に投資するために使われる。また、Carbonextは、炭素クレジットを創出するプロジェクトを立案・管理できる林業専門家のチームを拡充する予定だ。

本発表は、Shellが2021年に発表した「Powering Progress」戦略に続くもの。短期および中間目標の設定、再生可能エネルギーおよびクリーンエネルギーソリューションへの投資など、2050年までにスコープ1、2、3の排出量全体でネット・ゼロのエネルギー事業となるという目標を達成する方法を詳細に説明している。

【参照ページ】
(参考記事)Carbonext Receives $40 Million from Shell for Carbon Credit Projects in Brazil’s Amazon
(日本語訳)Shell、森林保全のための炭素クレジットプロジェクト開発会社カーボネクストに3800万ドルを投資

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る