Shell、森林保全のための炭素クレジットプロジェクト開発会社Carbonextに50億円を投資

7月11日、Shell Brazilは、アマゾンの森林保護・再植林・バイオエコノミー開発を支援するため、森林保護炭素クレジットプロジェクト開発会社であるCarbonextに2億レアル(約50億円)の出資を発表した。

本出資により、Shell BrazilはCarbonextの少数株主となり、同国における自然共生型ソリューション事業への参入を果たす。

Carbonextは、ブラジルで最大のREDD+(森林減少・劣化からの排出削減)プロジェクト開発会社であり、約200万ヘクタールのアマゾン熱帯雨林を保全している。本取り組みによって得られた炭素クレジットは、顧客に販売される。Carbonextは、2021年以降、アマゾン森林の最も脆弱な部分の保全植生面積を340%増加させている。

今回の投資で得た資金は、Carbonextがアマゾンの森林におけるバイオエコノミーや森林再生などの新規事業分野を開拓し、森林保全製品に組み込まれる技術に投資するために使われる。また、Carbonextは、炭素クレジットを創出するプロジェクトを立案・管理できる林業専門家のチームを拡充する予定だ。

本発表は、Shellが2021年に発表した「Powering Progress」戦略に続くもの。短期および中間目標の設定、再生可能エネルギーおよびクリーンエネルギーソリューションへの投資など、2050年までにスコープ1、2、3の排出量全体でネット・ゼロのエネルギー事業となるという目標を達成する方法を詳細に説明している。

【参照ページ】
(参考記事)Carbonext Receives $40 Million from Shell for Carbon Credit Projects in Brazil’s Amazon
(日本語訳)Shell、森林保全のための炭素クレジットプロジェクト開発会社カーボネクストに3800万ドルを投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る