Eastman、美容パッケージの循環型社会を推進する美容業界の非営利団体を支援

8月31日、Eastmanは、非営利の会員制組織であるPact Collectiveに参加したことを発表した。Pact Collectiveは美容業界の関係者で構成され、美容パッケージのエンドオブライフを改善し、業界の循環型社会を推進するソリューションを開発することに注力している。EastmanとPactは、Eastmanの分子リサイクル技術を活用し、機械的なリサイクルができず、埋め立てや焼却に回される美容パッケージのリサイクルに取り組んでいく。

Pact Collectiveは、リサイクルが困難な美容パッケージの店頭回収プログラムとメールバックプログラムの両方を提供している。Pactは、パッケージング業界が再び使用できる材料をリサイクルする能力を提供する、革新的な分子リサイクル技術を持つEastmanを貴重なパートナーとして評価した。

Eastmanは、化石由来の原料ではなく、リサイクルしにくいプラスチック廃棄物を調達して、高性能な素材を作り出す革新的な技術のパイオニアだ。これらの技術は、プラスチック廃棄物を埋立地から分離し、新たな命を与え、従来の製造方法と比較して温室効果ガスの排出を削減する。

過去1年半の間に、Eastmanは分子リサイクル技術を使用した化粧品パッケージング用の持続可能な材料の2つのポートフォリオを発表した。Eastman Cristal™ Renew樹脂は高いレベルの認定リサイクル材*を含み、Eastman Cristal™ One Renew樹脂はブランドリサイクル材と自治体のリサイクルの流れでのリサイクル性を提供するもの。循環型経済構築の重要な次のステップとして、Eastmanは、美・美容リサイクル包装のような「小さく閉じたループ」を作り出すために同社がサービスを提供する多くの市場で戦略的な引取プログラムを模索している。

【参照ページ】
(原文)Eastman supports beauty industry nonprofit in efforts to advance circularity of beauty packaging
(日本語訳)Eastman、美容パッケージの循環型社会を推進する美容業界の非営利団体を支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る