WTW、Fintech企業Butterwireを買収し、気候変動分析能力を強化

7月12日、グローバルなアドバイザリー、ブローカー、ソリューション企業であるWTWは、フィンテックスタートアップのButterwireの買収を発表した。

スコットランドのグラスゴーを拠点とするButterwireは、データ分析、AI、機械学習プラットフォームを提供し、投資家がファンダメンタル、マクロ、クオンツ、トレンドデータを分析できるようにする。本買収により、研究、データサイエンス、ソフトウェアエンジニアリングの専門家チームがWTWに加わり、WTWの幅広い気候・投資サービスを補完する。

Butterwireは、WTWのClimate and Resilience Hubの一部となり、企業、金融機関、公共機関に分析、アドバイス、取引サービスを提供する。

本買収は、両社の長期的なパートナーシップに基づくもので、Butterwireのソフトウェアは、パリ協定の目標を遵守することで株式や債券の評価に予想される影響を定量化するWTWのClimate Transition Value at Risk手法にすでに組み込まれており、投資家や政府、企業が気候変動の金融リスクを管理・対処するのを助けるために昨年開始したWTWのSTOXX Climate Transition Indicesも下支えする。

【参照ページ】
(原文)WTW boosts climate risk analytics expertise with Butterwire acquisition
(日本語訳)WTW、Fintech企業であるButterwireを買収し、気候変動分析能力を強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る