VC投資家Cathay Innovation、約1,400億円のサステナブル・トランスフォーメーション・ファンドを立ち上げ

7月12日、ベンチャーキャピタル投資家のCathay Innovationは、産業および社会の持続可能な変革を支援するスタートアップ企業に投資する10億ユーロ(約1,400億円)のグローバルファンドを立ち上げると発表した。

Cathayにとって3番目のVCファンドとなるこの新ファンドは、消費者、エンタープライズ・ソフトウェア、AI、インクルーシブ・フィンテック、デジタルヘルス、ニューモビリティ、小売、エネルギーなどのセクターに焦点を当て、500万ユーロ(約7億円)から8000万ユーロ(約110億円)の範囲で投資する予定だ。Cathayは、欧州、アジア、北米を含む主要地域において、リード投資家または共同投資家として、フォローオンラウンドのための準備金を持って投資する。

本ファンドはクローズ時には、世界最大級のマルチステージ・ベンチャーキャピタルファンドとなる見込みであり、Sanofi、TotalEnergies、Valeo、BNP Paribas Cardif、Groupe SEB、Groupe ADP (Paris Aéroport) などの機関投資家や多国籍企業によって支えられている。

【参照ページ】
(原文)Cathay Innovation launches new €1bn fund
(日本語訳)キャセイイノベーションは新しい10億ユーロのファンドを立ち上げます

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る