Transparentプロジェクト、企業向け自然資本会計手法の標準化に向けたパブコメを開始

Transparentプロジェクト、企業向け自然資本会計手法の標準化に向けたパブコメを開始

7月28日、Transparentプロジェクトは、自然資本会計手法原則の素案を発表し、パブリックコメント募集を開始した。パブリックコメントの期限は9月30日までとなる。

Transparentプロジェクトは、企業が評価に含めるべき自然資本の要素と、それらをどのように測定し評価するかについて、初めて規定したガイダンスを開発している。

今回の標準化では、以下のことを目標としている。

・経営陣が企業の意思決定をより適切に行えるようにする
・可能な限り標準化し、必要に応じてガイダンスを提供する
・既存のフレームワークや新たなフレームワークと連携し、より広範な活動に組み込む
・拡張性と実用性を考慮する

また、Transparentプロジェクトには、Align(Aligning Accounting Approaches for Nature)という姉妹プロジェクトがあり、Transparentが大気、水、土地に焦点を当てたビジネスのための標準的な自然資本の会計と評価の原則を開発するのに対し、アラインはこれらの原則をベースに、生物多様性に焦点を当てた補完的なガイダンスを開発している。

【参照ページ】
(原文)Transparent Project Launches Public Consultation for Standardized Natural Capital Accounting Methodology for Business

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る