デルタ航空、持続可能な航空イノベーションラボを開設

デルタ航空、持続可能な航空イノベーションを開発するためのラボを開設

1月5日、デルタ航空は、持続可能な航空ソリューションの研究、設計、テストを加速させ、2050年までに排出量ゼロを達成するという同社の目標を支援することを目的とした、イノベーションに焦点を当てた新しいイニシアティブ「Delta Sustainable Skies Lab」の立ち上げを計画していることを発表した。

航空業界は、温室効果ガス(GHG)排出の大きな要因として注目されており、世界の排出量の2~3%を占めている。この数字は、対策を講じなければ、今後数十年間で劇的に上昇する可能性がある。航空機産業が気候に与える影響に対処するために追求されている取り組みは、通常、航空機の効率改善、持続可能な航空燃料(SAF)の開発、電気や水素ベースなどの低炭素またはゼロ炭素推進システムを利用した航空機の開発などがあるが、これらの多くは開発の初期段階にある。

デルタ航空は、アイデアと実証済みのイノベーションのギャップを埋めることを目的とした新しいラボで、クリーン燃料、効率的な飛行オペレーション、革新的な航空機のコンセプト、持続可能な旅行とビジネスの実践などの分野に焦点を当てると述べている。

デルタ航空は、カーボンニュートラル達成のための目標を打ち出した最初の大手航空会社のひとつである。2020年に同社は、クリーンエア技術の向上、二酸化炭素排出量と廃棄物の削減、排出量のバランスを緩和するための新しいプロジェクトの設立に向けた取り組みに10億ドル(約1,277億円)を投資することを約束した。

2050年の目標をサポートするために、新しいラボは、フライトオペレーション、テクニカルオペレーション、インフライトサービス、オペレーション&カスタマーセンター、フリートからのイニシアティブを接続、調整、紹介する社内イノベーションと、最近エアバスと開始した水素エネルギー航空に焦点を当てたコラボレーションなどのパートナーシップの両方に焦点を当てると同社は述べた。

【参照ページ】
(原文)DELTA TO LAUNCH INNOVATION LAB TO ACCELERATE THE MORE SUSTAINABLE FUTURE OF FLIGHT
(日本語参考訳)デルタ航空、持続可能な航空イノベーションラボを開設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る