Climeworks、マイクロソフト、Shopify、Stripe向けに世界初の認定炭素除去を提供

Climeworks、マイクロソフト、Shopify、Stripe向けに世界初の認定炭素除去を提供

1月12日、チューリッヒに拠点を置くダイレクト・エア・キャプチャ(DAC)のスタートアップClimeworksは、マイクロソフト、ショッピファイ、ストライプなどの法人顧客向けに、史上初の第三者認証による二酸化炭素除去(CDR)を納入したことを発表した。

二酸化炭素除去は、ClimeworksのアイスランドにあるDAC施設、オルカで行われた。現在、世界で唯一の商用DACおよび貯蔵施設で、年間4,000トンの二酸化炭素を除去する能力を備えている。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出し、原料として使用するか、貯蔵と組み合わせて永久に除去するものである。昨年発表されたIPCCの気候変動緩和に関する画期的な研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大し、DACはその大部分を占める可能性があるとされている。

Climeworksは、2009年にChristoph GebaldとJan Wurzbacherによって設立され、DACのリーディングプロバイダーとして成長してきた。昨年、同社はDACの容量を拡大することを目的に、約6億5,000万ドル(約832億円)の資金を調達した。その後、容量36,000トンの新しいDAC施設「マンモス」の建設を開始した。

【関連記事】
Climeworks、アイスランドで大規模なDACプラントを建設
Microsoft、DACプロバイダーのClimeworksと10,000トンの炭素除去契約を締結
ClimeworksとGulf Coast Sequestration、100万トンのCO2を除去・貯留するため提携

Climeworksは、2030年までにCO2回収能力を数メガトン規模に拡大し、2050年までにギガトン規模にすることを目指すと表明している。

ClimeworksのDAC貯蔵法の認証は、独立した品質と保証のプロバイダーであるDNVによって提供された。Climeworksによると、本認証は、サービスが検証された方法論に従って実行されたことを意味し、顧客への割り当てが二重に計算されないことを保証するものである。

【参照ページ】
(原文)Climeworks delivers third-party certified CDR services to its first corporate customers, based on first and only validated DAC+S methodology
(日本語参考訳)Climeworks、初の法人顧客に第三者認証のCDRサービスを提供、初めて検証されたDAC+S手法に基づく

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る