Nestlé、World Central Kitchenと新たなパートナーシップを締結

 

7月15日、Nestléは、World Central Kitchen(WCK)と協働することで、気候危機に関連する異常気象に見舞われた地域の飢えた人々に食事を提供する支援をすることを発表した。Nestléは、当初1年間の契約と、同社の気候災害基金への100万スイスフラン(約1億4,158万円)の寄付により、WCKを支援する。

WCKは、以下3つの分野に重点を置いている。

気候災害の影響を受けた飢えた人々への食事の提供
WCKは、食料、水、その他の資源を被災地に届ける。
最前線のコミュニティにおける回復力の構築
WCKは、コミュニティが自給自足できるよう支援し、農家が急速に変化する気候に適応できるよう支援する。地元の食品生産者に投資し、フードサービスの専門家や調理師を目指す学生にWCKのモデルを教えている。
飢えと渇きをもたらすシステムを変えること
WCK は地方自治体や州政府と協力して、成功したモデルを取り入れ、それを拡大している。

WCKの活動の例としては、今年2月にマダガスカル東海岸を襲った熱帯サイクロン「バツィライ」の被災地支援チームが挙げられる。本チームは迅速にWCKフィールドキッチンを立ち上げ、地元の市場で仕入れた新鮮な食材を食事に使い、調理には地元の人々を雇用した。また、昨年末にブラジルのバイーア州で起きた大雨洪水では、地元のレストランとネットワークを組み、被災者のために料理を提供した。また、アメリカ領ヴァージン諸島とバハマ諸島では、19の食品関連企業がWCKの助成金を受けており、そのひとつであるヴァージン諸島のセジャファームは、農業学習センターの設立を計画している。

WCKは、自然災害への支援に加え、ウクライナのような長期化する人道的危機にも対応している。Nestléもこの活動を支援しており、WCKチームはすでに8カ国で2700万食以上の食事をウクライナで被災した人々に提供している。

【参照ページ】
(原文)Feeding hungry people and building climate-resilient communities – Nestlé enters new partnership with World Central Kitchen
(日本語訳)Nestlé、World Central Kitchenと新たなパートナーシップを締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る