EU、2030年までにエネルギーミックスの再生可能エネルギーを倍増させる協定を締結

EU、2030年までにエネルギーミックスの再生可能エネルギーを倍増させる協定を締結

3月30日、欧州理事会と欧州議会の交渉担当者は、EUのエネルギー消費に占める再生可能エネルギーの割合を2030年までに42.5%に引き上げるという拘束力のある目標を設定する暫定合意に達し、各加盟国が同目標に貢献することになった。

今回の合意には、これまで導入が遅れていた分野での自然エネルギーの統合を加速させることを目的として、運輸、産業、建物、地域冷暖房に対するより野心的な自然エネルギー目標も含まれている。

新目標の達成により、EUはエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの使用率を、2020年の22%からほぼ倍増させることになる。

また、本合意は、EUの再生可能エネルギーの目標を、現在の2030年の目標である32%から大幅に引き上げ、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を1990年比で55%削減するというEUの戦略案である欧州委員会のロードマップ「Fit for 55」が提案する当初の40%の目標も上回る。

本協定に基づく分野別目標には、2030年までに建築物における再生可能エネルギー比率を49%以上とし、冷暖房の再生可能エネルギー目標を徐々に引き上げること、産業界が再生可能エネルギーの使用を毎年1.6%増やすこと、産業で使用する水素の42%を非生物由来の再生可能燃料(RFNBOs)から得ること、が含まれている。

運輸部門については、2030年の目標として、運輸部門の温室効果ガス強度を自然エネルギーで14.5%削減するか、同部門のエネルギー最終消費量のうち自然エネルギーの割合を29%以上とするか、加盟国が選択できるようにした。

新協定には、持続不可能なバイオエネルギー生産のリスクを低減することを目的とした、エネルギー用バイオマス利用基準の強化や、ロシアの化石燃料から独立するためのEUのREPowerEU計画における再生可能エネルギーの展開を早めるための、再生可能エネルギープロジェクトの許可手続きの迅速化などが追加されている。

仮合意は、今後、理事会および議会の加盟国代表による承認を経て、各機関で正式に採択される予定である。

【参照ページ】
(原文)European Green Deal: EU agrees stronger legislation to accelerate the rollout of renewable energy
(日本語参考訳)EU、2030年までにエネルギーミックスの再生可能エネルギーを倍増させる協定を締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る