Fitch、「ESG規制・報告基準トラッカー」を提供開始

Fitch、「ESG規制・報告基準トラッカー」を提供開始

5月30日、Fitchグループのサステナビリティに特化した分析事業であるSustainable Fitchは、サステナブルな分類法、ESGおよび気候に関する開示規制、ESGファンドの要件など、ESG領域における重要な規制動向を監視することを目的とした新ツール「ESG Regulations and Reporting Standards Tracker」の開始を発表した。

ダウンロード可能なエクセルベースの新しいデータベースは、四半期ごとに更新され、Sustainable Fitchのリサーチ・チームが管理し、政府声明、メディア報道、持続可能な金融ワーキンググループへの参加などの情報源から収集する。

本ツールは、規制の動向を追跡するだけでなく、報告の枠組みや基準も追跡し、発行体や投資家に影響を与えるESG関連の新しい規制に関する指針を提供することを目的としている。

新ツールの発表に伴い同社が発表した報告書では、EU、ブラジル、メキシコ、ASEAN地域における持続可能な分類法の進展、インド、日本、韓国を含む規制当局によるグリーンウォッシュへの関心の高まり、カナダ、香港、ニュージーランドなどの法域における企業の気候変動開示義務化の動きなど、最新の規制動向をいくつか紹介している。

【参照ページ】
ESG Regulations and Reporting Standards Tracker

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る