KPMG、カナダで脱炭素ハブを設立

KPMG、カナダで脱炭素ハブを設立

11月1日、プロフェッショナル・サービス・ファームであるKPMGカナダは、企業が排出削減とエネルギー転換の目標を達成し、ネット・ゼロ・コミットメントを達成することを支援することを目的とした、新しい脱炭素化ハブの立ち上げを発表した。

KPMGによると、新しいハブは、クライアントの企業戦略に沿った脱炭素化の道筋の策定、技術、インフラ、オペレーティング・モデルなどの脱炭素化ソリューションの導入支援、新たな規制、法律、税制、資金調達の問題に対するクライアントの理解支援、脱炭素化プロジェクトや投資のための資金調達の組成・手配、ESG報告基準やフレームワークに沿った気候変動関連の報告など、KPMGが提供する気候変動に焦点を当てたサービスやソリューションを統合したものである。

新しい脱炭素化ハブは、KPMGパートナーのアンドリュー・マクハーディが率いる。彼は今年初めにKPMGのグローバル・インフラストラクチャ・アドバイザリー・プラクティスに加わった。カナダ軍の退役軍人であるマクハーディは、カナダのWSPからKPMGに入社し、直近ではエネルギー/資源・産業担当バイスプレジデントを務め、デロイト・カナダの人工知能業務であるオムニアAIのシニアマネージャーも務めた。

【参考ページ】
(原文)KPMG in Canada launches Decarbonization Hub to help organizations take action on net zero commitments
(日本語参考訳)カナダのKPMG、ネット・ゼロ・コミットメントへの取り組みを支援する「脱炭素ハブ」を立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る