ホンダとLG、米国のEV用バッテリー工場に約6,000億円を投資

8月29日、ホンダとLGエナジーソリューション(LGES)は、新たに設立する合弁会社を通じて、米国に建設するEV用バッテリー工場に44億ドル(約6,000億円)を投資する計画を発表した。新工場では、北米市場向けのホンダおよびアキュラのEV用リチウムイオン電池を米国で生産する予定である。

合弁会社の設立は、ホンダが昨年、北米を含むすべての主要市場において、2030年までに40%、2035年までに80%としていたEVと燃料電池車の販売比率を、2040年までに100%にするという目標を含む、車両の積極的な電動化計画を打ち出したことを受けてのことである。

ホンダとLGESは、2023年初頭に新工場の建設を開始し、2025年末までに先進的なリチウムイオン電池セルの量産を開始することを目指す。同工場では、北米のホンダ拠点に供給するパウチ型電池を生産し、年間約40GWhの生産能力を見込んでいる。

【参照ページ】
(原文)LGエナジーソリューションとHonda、EV用バッテリー生産合弁会社の米国での設立に合意

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る