スイス・ライフ・アセット・マネージャーズ、グローバル再生可能エネルギー・インフラ・ファンドを設立

8月29日、スイス・ライフ・アセット・マネージャーズは、フォンタビス・ESGリニューアブル・インフラストラクチャー・ファンドIIの立ち上げを発表した。本ファンドは、同社にとって4番目のクリーンエネルギーに特化したファンドであり、世界的に投資する2番目のファンドとなる。

新ファンドは、7億5,000万ユーロ(約1,000億円)を目標に、未上場のクリーンエネルギーおよびインフラ資産・企業に投資し、インフラ・エネルギーへの直接投資で世界的に分散されたポートフォリオを構築することを目的としている。

本ファンドは、OECD諸国の資産に投資し、風力、太陽光、水力、バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電や、蓄電、再生可能燃料に焦点を当てる。

【参照ページ】
(原文)Swiss Life Asset Managers launches its second international renewable energy infrastructure fund
(日本語訳)スイス・ライフ・アセット・マネージャーズ、グローバル再生可能エネルギー・インフラ・ファンドを設立

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る