三井不動産、脱炭素社会実現に向けたロードマップを策定

三井不動産、脱炭素社会実現に向けたロードマップを策定

11月24日、三井不動産株式会社は、温室効果ガス排出量に関する具体的なアクションを実行するべく、2030 年度のGHG 削減率目標を 40%(2019 年度比)に引き上げるとともに、2050 年度のネット・ゼロ達成のため、「脱炭素社会の実現に向けたグループ行動計画」を策定したと発表した。

2050 年度までのグループ行動計画では、脱炭素に向けた具体的な取り組みが示された。計画実行に向けて「サステナビリティ推進部」の新設、そして2022 年度より ICP(社内炭素価格制度)導入が決定した。

また、2030 年度に向けて国内全ての新築物件で ZEB/ZEH 水準の環境性能実現や、既存施設に対する積極的な環境性能向上、再エネ活用、電力グリーン化の国内全施設への拡大、メガソーラー事業を約 5 倍(3.8 億 kwh/年)へ拡大、建設時 CO₂排出量削減の取り組みや森林活用など、サプライチェーン全体での脱炭素に向けたパートナーシップも強化する。

三井不動産は2050 年度を見据え、洋上風力や地熱などの創エネ事業、東京大学などのアカデミアや建設会社との研究開発、ベンチャー企業への出資や、実証実験の場の提供など、新技術創造に向けたオープンイノベーションを推進していく。また、上記の取り組みを掛け合わせて、エリア全体で脱炭素化を進める街づくりの仕組みを構築することで脱炭素社会に貢献していくとしている。

【参照ページ】
脱炭素社会実現に向けグループ行動計画を策定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る